タグ別アーカイブ: 医療レーザー脱毛

レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は医療機関で受けられる脱毛方法です。出力が強いため医療機関でしか行うことができません。

レーザー脱毛は黒い色素に反応するレーザーを使用した脱毛方法です。レーザーを肌の上から当てると、毛の色素に反応して毛が熱をため込むようになります。この熱が広がって毛乳頭を破壊します。毛乳頭は毛を作り出す毛母細胞に栄養を与えるもので、毛乳頭が破壊されることで毛母細胞が毛を作りだすことができなくなります。

レーザー脱毛は一度で効果が表れるものではなく、何度も施術を受けることで効果を実感できます。何度か受けているとムダ毛が生えにくくなってきます。

レーザー脱毛を効果的に行うには毛の成長サイクルに合わせて施術をする必要があります。

毛が成長する成長期、成長が止まり抜け落ちるまでの退行期、発毛が止まる休止期を繰り返しています。レーザー脱毛が働きかけることができるのは成長期の毛です。退行期や休止期の毛にレーザーを照射しても脱毛効果が得られないので、ケアが伸びてきたタイミングで何度か施術をします。

人によってサイクルは違いますが、2〜3か月に1回が一般的です。使用する機器や脱毛する部位にもよりますが、脱毛サロンの脱毛方法よりも少ない回数で変化を実感できます。